プログ003 福祉と環境の統合

 日本の行く末を決める参議院議員選挙の投開票が終わりました。

 自然保護活動からも、“れいわ新選組”から出馬。しかし当選ならず…終わったと感じていましたが、最近のマスコミの報道で、「れいわ」の名前が出ない日はありません。
 “れいわ新選組”は何かしら風穴を開けたと私は思っています。
 先ず、木村さん、船後さんが当選し、参議院では様々な場所のバリアフリー改修が始まりました。

 

        (尾瀬の風景)

 

 【バリアフリー】

 

 私は、とある事件から傷ついた心のケアが必要と思うようになりました。
 目には見えない心のバリアフリーというところでしょうか。
 これは、私の経験から感じたことですが、心のケアは、単なる人の福祉と言うことだけではないと思うのです。

 世界では福祉と環境の動きが活性化して来ています。
 例えば、SDGsの目標3には、人への福祉と環境をあげおり、生物多様性条約では、医療と福祉を取り上げています。

 

 世界でも環境だけじゃなく何かとコラボをして、活動する動きが出てきている中で、生態系サービスでも、福祉を構成する要素を基本としています。

 

 自然環境だけでやってきた私にとって、自身の経験から『』の福祉や医療とのコラボの重要性をとても強く感じている今日この頃です。

 

戻る